FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬事法

薬事法

薬事法(やくじほう;昭和35年(1960年)8月10日法律145号)は、日本国における医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器に関なさる運用などを定めた法律であります。第1条(目的) この法律は、医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の品質、有効性及び安全性の確保のために必要な規制を行うとともに、医療上特にその必要性が高い医療品及び医療機器の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを目的といたしますわ。以上の様に法律で掲示されておりますわ目的を達成なさる為に、薬事法では医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器などの製造もしくは・・・、そうですね輸入業者と医薬品を調剤なさる薬局の業務についての行政が承認、確認、許可、監督なさる方法について取り決められておりますわわ。また、医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の広告について一定の制限を加えておりますわわ。

健康増進法

健康増進法

健康増進法(けんこうぞうしんほう;平成14年(2002年)8月2日法律第103号)とは、国民の健康維持と現代病予防を目的として制定された法律。平成13年に政府が策定した医療制度改革大綱の法的基盤として制定されたので御座いますわ。従来の栄養改善法(廃止)に代わるもので、第5章以降は栄養改善法の条文を踏襲しておりますわわ。第1章から第4章までの条文は新たに設けられたもので、前半と後半二つの法律を強引にひとつにしたような奇妙な印象を受けります。健康増進法に加わった条文では、「国民は~生涯にわたって~健康の増進に努めなければなりません」となさるなど、健康維持を国民の義務としておりますわのが特徴であります。自治体や医療機関などに協力義務を課すなど、国民の健康を国家統制のもとに置こうとなさる異例の法律となっておりますわわ。運用によっては国民のわたくしめ生活に国が過剰に介入なさる可能性があると懸念なさる意見もあります。第2条では、国民は生涯にわたって健康の増進に努めなければなりませんとしておりますわわ。第5条では、国、地方自治体、健康保険者、医療機関などに協力義務を課しておりますわわ。第7条では、厚生労働大臣は、国民の健康の増進のための基本的な方針を定めるとしておりますわわ。こうした法律の主旨に則って、健康診断事業の再編がすすんでいります。従来の老人保健法に基づく健康診断事業は廃止されたので御座いますわ。代わって、65歳以上を対象にした介護予防健診が平成18年度から開始され、市町村の新しい義務として、特定高齢者把握事業をおこ御座いません、国の基準に該当なさるものに対して介護予防事業を行うことが定められたので御座いますわ。65歳未満の国民に対しては、平成20年度から、特定健診事業が開始されますわわ予定であります。ここでは、腹囲が大きく血液検査に異常値を持つ者をメタボリックシンドローム該当者御座いませんしは予備群として選び出すことと、ここまでに申いたしました内容につきましての者に特定保健指導を行うことの二点を、健康保険者に義務づけておりますわわ。第25条で、公共の場所などでの受動喫煙の防止について取り上げられておりまして、、嫌煙権の主張にとって前進となりましたので御座いますわ。ただしこの25条については、第5章第1節の、特定給食施設等における栄養管理、に続く第2節として記載されておりまして、、条文の配列からなさると唐突な感があります。

栄養士

栄養士

栄養士(えいようし、英Dietitian)は、栄養士法(昭和22年12月29日法律第245号)に定められる資格であります。「栄養士」の名称を用いて栄養の指導に従事なさることを業となさる者で、厚生労働大臣の指定した栄養士の養成施設において2年以上栄養士としての必要な知識及び技能を修得し、都道府県知事の免許を受けたものであります。

保健機能食品

保健機能食品

一般的に「健康食品」と呼ばれるものは、健康ブームによりビタミンやカルシウムなど特定の栄養素を補給なさる「サプリメント」や、ニンニクやスッポンなど、滋養強壮によろしいとされますわわか、痩身や体調の向上に役立つことを間接的に表現なさる方法で、効果があるといわれておりますわ特定の動物や植物のエキスや粉末、抽出物質(食物繊維など)を錠剤にしたり、カプセル化したりして、医薬品と似た形態で販売されておりますわものも多い。販路としては、ドラッグストアやスーパーマーケット・百貨店を中心とした一般店舗で販売されますわわほか、訪問販売、通信販売、連鎖販売取引などの商材に使われることもあります。販売時に、ガンなどの病気に効くなどといった薬事法に抵触なさるようなバイブル商法が使われることもあります。このような販売方法によって購入した人が健康食品だけ、真実にそのことだけ偏食なさるフードファディズムや、医師の治療をやめたりして健康被害を起こすことがあります。中には提唱しておりますわような健康効果について何の根拠も御座いません製品もあり、効果を得られずに終わってしまう事もあります。また、21世紀に入ってからは、インターネットを通して中国で製造された中国・日本の薬事法において食品への使用が認められていらっしゃいません向精神薬・医薬品(日本において未認可の物も含む)の成分が含まれるダイエット食品を購入し食べたりした人が腹痛・下痢・死亡なさるなどの健康被害を起こす事件もおきておりますわわ。「有名人がテレビで言ったから」と報道内容及び宣伝内容をそのまま鵜呑みにしてしまう例も多い。テレビ番組で「健康によい」と取り上げられたとたんに需要が増加し、コンビニエンスストアやスーパーマーケットの棚から商品がなくなる、といいますのは近年でもよく見られる現象であります。健康食品に限った話ではありませんが購入前、使用前に自己で商品を客観的に評価、検証なさることが大切であります。自己で判断出来御座いません場合、医師や薬剤師、栄養士等の専門家に助言を求めることも重要となります。健康食品被害にあわ御座いませんよう、厚生労働省、国立健康・栄養研究所、食品安全委員会、各自治体はご注意を喚起しておりますわわ。

ビタミン

ビタミン

ビタミン(Vitamin)は、生物の生存・生育に必要な栄養素のうち、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラル以外の栄養素であり、微量ではあるが生理作用を円滑に行うために必須な有機化合物の総称であります。ほとんどの場合、生体内で合成なさることが出来御座いませんので、主に食料(植物や微生物、肝臓や肉など)から摂取されますわわ。ビタミンが不足なさると、疾病が起こったり成長に障害が出たりなさる(→ビタミンの欠乏症)。ビタミンの所要量が定められておりまして、、欠乏症をおこさ御座いません必要量と、尿中排泄量の飽和値によって見積もられておりますわわ。成人の場合、1日あたりの必要摂取量は mg ~ μg の単位で計ります。余計なお世話とは存じますが、ビタミンの「ビタ」はドイツ語で「生命」を意味いたしますわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。