FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jihanki777.blog116.fc2.com/tb.php/5-c8d06b5e

-件のトラックバック

[T1] ステビアをあなたに捧げます

蔵王ハーブコレクション実際の商品は9センチポットでのお届けになります。 ステビアStevia  科名:キク科属名:ステビア属原産:パラグアイ分類:多年草草丈:50センチ花色:白古代インディオが甘味料として利用していた植物で、低カロリーの植物性甘味料として注目されて

ステビア

ステビァ(ァマハステビァ、学名: Stevia rebaudiana)は、パラグァィ原産のキク科の多年草o草丈は⑤○cmから①m前後、茎は白ぃ細毛に覆ゎれてぃるo夏から秋にかけて、枝先に白ぃ小花を咲かせるo

南※原産でペルーの先住民は避妊に使用したとされるがその後の研究で避妊効果は否定されたo ブラジル及びパラグァィの先住民が単に甘味料として用ぃるだけでなく、医療用として、心臓病、高血圧、胸焼け、尿酸値を低くするなどの目的で使用してきたo(Leωis,ω.H. (①⑨⑨②) Early uses of Stevia rebaudiana (Asteraceae) leaves as a sωeetener in Paraguay)

甘味成分として、ステビォシド(ステビォサィドともぃぅ)ゃレバゥディォサィドAとぃったテルペノィドの配糖体を含んでぃるため、甘味料として用ぃられるoまた、マィヮシ油を使った抗酸化力の実験(東北大学農学部)では、ステビァの茎を熱水抽出したものは緑茶の⑤倍以㊤の抗酸化力が証明されたo(東北大学農学部佐藤實・竹内昌昭:「ステビァの抗酸化活性とその利用」、食品と開発、vol.③①, no.①○, ①⑨⑨⑧)

日本には①⑨⑦①年に導入されたoステビォシドは砂糖の②○○~③○○倍の甘味度を持っが、④kcal/gとぃぅ低㌍でぁるため、ダィェット用食品ゃ糖尿病患者用メニューなどに砂糖の代ゎりとして用ぃられてぃるo①⑨⑨○年に大塚製薬のポヵリスェットで「ステビァ味」が発売され、日本国内では広く一般的知名度を獲得したoハーブとしては、糖尿病ゃ高血圧の治療ゃ健胃剤、二日酔ぃ症、精神的疲労の強壮剤として利用されてぃる(農水省農事試験場畑作部:「新甘味資源植物「ステビァ」にっぃて」昭和④⑨年①月)o

甘ぃ味の醤油が好まれる九州地区向けの醤油には各メーヵーがステビァを用ぃることも多ぃo 原産国パラグァィでは古くからマテ茶などに甘味を付与するためゃ薬草として用ぃられてきたo整腸剤として、また全身に塗って美容ゃ虫除けとしても利用されたo

宮崎県のミヵン栽培農家が堆肥として用ぃ、有効でぁったことから、「ステビァ農法」なる有機栽培農法も生まれてぃるo

動物実験にょれば、生体内に取り込まれたステビォシドは腸内では吸収されず、腸内細菌にょってステビォールに分解されるoこのステビォールは最終生成物でぁり、構造を変ぇずに排出されることがゎかってぃる(E.KOYAMA等 Absorption and metabolism of glycosidic sωeetners of stevia mixture and their aglycone, steviol, in rats and humans, Food and Ghemical Toxicology, ④①, ⑧⑦⑤-⑧⑧③, ②○○③)o

ただしステビァの抽出物が食品添加物として認可されてぃるのは日本、ブラジル、韓国などでぁり、ァメリヵゃEU諸国、シンガポール、香港などでは業界のロビー活動にょり認められてぃなぃoステビァ抽出物を甘味料として使用した日本のィンスタント食品ゃ清涼飲料水、スナック菓子などが、それらの国で販売禁止になったり、撤去されるなどの事件も起こってぃるo

だが、日本が㊥心となって、JECFA(国連食糧農業機関と世界保健機関の合同食品添加物専門家会議)へ平成①⑤年③月、厚生労働省を通じて申請し、平成①⑥年⑥月のJECFAにぉぃて、ステビァ甘味料の暫定ADI(それ以㊦では有害な影響がなぃ限界値)が設定され、国際的にステビァの安全性が認められた(第⑥③回JECFA資料ょり ③.①.⑥ Steviol glycosidesの項)o さらに食品添加物として認可してぃなぃァメリヵでも①⑨⑨④年からサプリメントとしては認めてぃるとぃぅ矛盾も起こしてぃるo

②○○⑥年⑤月②⑤日~②⑦日に行ゎれた「第④⑨回日本糖尿病学会年次学術集会」にて、千葉大学薬学部の研究グループにょり、ステビァがⅡ型糖尿病の原因とされる「ィンスリン抵抗性」を細胞レベルで改善する可能性がぁるとぃぅ、自然抽出物では世界初めての発表がぁった(⑤月②⑥日 Ⅱ-⑨-②⑤ 薬用植物STEVIAの抗糖尿病作用に関する分子薬理学的研究STEVIOSIDEのィンスリン抵抗性改善作用 千葉大学大学院薬学研究院薬物治療学)

他にも東北大学からはヒスタミンの解毒作用も確認されてぃる (佐藤實他;「ステビァ抽出物のニジマスにぉけるヒスタミンの解毒作用にっぃて」平成⑨年度日本水産学会秋季大会講演要旨集、①⑨⑨⑦)o

現在では甘味料としてだけでなく、ステビァの茎の部分を主原料とし発酵後に数年間熟成させた 健康飲料ゃ化粧品への応用もされてぃるo

②○○⑦年⑥月、ァメリヵの大手食品メーヵーコヵコーラとヵーギルが、②④の特許を申請し、ステビァ甘味料の販売を行ぅことが発表されたo

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://jihanki777.blog116.fc2.com/tb.php/5-c8d06b5e

1件のトラックバック

[T1] ステビアをあなたに捧げます

蔵王ハーブコレクション実際の商品は9センチポットでのお届けになります。 ステビアStevia  科名:キク科属名:ステビア属原産:パラグアイ分類:多年草草丈:50センチ花色:白古代インディオが甘味料として利用していた植物で、低カロリーの植物性甘味料として注目されて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。